メニューバーの時刻表時の設定は、システム環境設定 - 「日付と時刻」の “時計” で変更できますが、Mac OS X 10.4 以降になってから 「AM/PM を表示」の項目がグレーアウトして選択できなくなっています。これでは「24時間表示にする」をオフにして12時間表示にした場合、現在が午前なのか午後なのかをメニューバーから判断できません。

画像
グレーアウトして選べない!
いったいどうすれば、この項目が選択できるのでしょうか?

時刻の「書式」の「表示:中」を変更する

「AM/PM を表示」のグレーアウトを解除するには、システム環境設定 - 「言語環境」の「書式」で時刻のカスタマイズのうち「表示:中」を変更します。
画像
同じ名前のボタンがあるので注意。時刻のとなりのボタンです
画像
午前/午後(AM/PM)はドロップする位置によってメニューバーに表示される位置が変わります
カスタマイズの画面では、「表示」メニューを「中」に切り替え、その下の水色で囲まれた文字のうち、午後(午前)となっているものを上のテキスト入力エリアにドラッグ&ドロップします。

初期状態ではAM / PM という表示ではなく、「午前/午後」という表記になっていますので、お好みに合わせて、「午前」と書かれている部分を AM に変更、「午後」と書かれている部分を PM に変更してください。(そのままでも構いません)

以上で、作業は終了です。時刻のカスタマイズのダイアログをOKボタンで閉じれば「日付/時刻」の設定を変更しなくても、メニューバーの時計のとなりに 午前/午後(AM/PM) が表示されるでしょう。
画像
表示がくっつきすぎていると感じるのであれば、午前/午後(AM/PM)の文字列前後に半角スペースなどを入れておくとよいでしょう

日付も表示できちゃう?

メニューバー上に使用されている時刻の書式は「システム環境設定 > 言語環境 > 書式」の「時刻」の「中」が使われていることがわかりました。では、この部分に日付の書式も入れられたらメニューバー上で、日付の表示も出来るのではないでしょうか?ということで、日付も表示させてみましょう。

方法は簡単、日付の「カスタマイズ」ボタンを押して表示されるダイアログから、書式を設定している文字列(アイコン)をコピー(command キーを押しながら「C」キーを押す)し、再び時刻の「カスタマイズ」ボタンを押して、表示:中の設定の任意の場所に貼付け(command キーを押しながら「V」キーを押す)すればできあがり。
画像
「日付」のほうの「カスタマイズ」ボタンで表示されるパネル。書式が入力された領域は、マウスドラッグで選択状態に出来ますので、すべて選択してコピー(command キーを押しながら 「C」キーを押す)します(※表示:はなんでもよいですが、「すべて」なら曜日まで入っています)
画像
先ほどコピーしたものを「時刻」側にペーストして、このような状態になればOK

 

「日付と時刻」の変更と注意点

先ほどの操作を行ってもメニューバーの時計に AM / PM が表示されない場合は、システム環境設定 - 「日付と時刻」の “時計” で「AM/PM を表示」をオンに変更します。

また、AM / PM 表示しているのに、「24 時間表示にする」ではおかしいので、こちらもオフに変更しておきましょう。
画像
「24 時間表示にする」をオフにします。日付を表示していて曜日も表示する場合は、ここにある「曜日を表示」と重複するので、オフにしましょう

なお、ここまで紹介した作業を行っていると、システム環境設定 - 「言語環境」の “書式”の設定が元に戻ってしまうことがあります。そのような現象が発生した場合、もう一度、「言語環境」と「日付と時刻」の変更を最初からやりなおしてください。

上記以外のトラブルが発生したい場合は、すべての設定を初期化するため、ホーム/ライブラリ/Preferences/ にある 「com.apple.MenuBarClock.plist」を削除し、Macを再起動してください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。