みなさんは、Mac OS X 標準のメーラー“Mail”を 使っていますか?今回は、Mail の使い方で覚えておくと便利な機能の紹介です。

引用機能をマスターする

Mail でメールを返信する時、意外と困るのが独自の“引用機能”ですね。
他のメーラーとは異なる表示であるため、これにたいしてさらに返信したり、消したりする方法がわかりません。
画像
※左側の縦棒がくせもの!

この、引用部分を取り除いたり、追加するには「フォーマット - 引用のレベルを上げる/下げる」を使用します。これを知らないと、とっても困るのでよ~く覚えておきましょう。

画像
「引用のレベルを上げる」のキーボードショートカットは、shift + command +7となります

IMAP のメールは移動せよ!

.mac などのメールサーバーは“IMAP形式”といわれるもので、基本的に受信トレイにある間はメールデータがサーバーに残り続けます。メールデータは受信トレイから移動するか削除して初めてサーバーから削除されます。

それだけのことですが、知らないとどんどんサーバーにメールがたまってしまって、あっという間に容量の上限に達した!なんてことになりかねませんので注意しましょう。受信フォルダ以外の場所を「メールボックス - メールボックスを作成」で作成して、そこへ移動します。