※この記事は、「自分のPCを簡単にウェブサーバにする!」の続編です。

自分のパソコン上でCGIを動かせるようにする

CGIやSSIの動作確認のためだけに、いちいちサーバにアップロードするのは面倒です。 自分のパソコン上で、CGIやSSIが動かせれば、楽に動作確認しつつ作成作業をすることができます。 そこで、自分のパソコン上でCGIやSSIを動かせるようにしてみましょう。

セットアップは決して難しくありません。インストールはもちろん設定も簡単ですし、あっという間にできあがります。 ぜひ試してみて下さい。

▼自分のPC上(=localhost上)で動作している掲示板CGI
ローカルで動作している掲示板CGI

必要な手順

自分のPCでCGIやSSIなどを使えるようにするには、以下の手順が必要です。

  1. Windows上で動作するフリーのウェブサーバ「AN HTTPD」をインストール
  2. HDD上にあるHTMLやCGIをブラウザで閲覧できるように「AN HTTPD」を設定
  3. Windows上でCGIを動かすために必要な「Active Perl」をインストール

AN HTTPDは、中田 昭雄氏によって開発されたWindows上で動作するウェブサーバです。 これをインストールすることで、自分のPC上でウェブサーバの機能を使うことができます。
Active Perlは、ActiveState社が公開しているPerl(言語)の実行環境です。 これをインストールすることで、(Perlで記述された)CGIを実行できるようになります。

AN HTTPDをインストールする

それでは、まずは「AN HTTPD」をインストールしてみましょう。

AN HTTPDのインストール方法へ >>