自分のパソコンをウェブサーバにするメリット

自分のパソコンをウェブサーバにすると、次のようなメリットがあります。

いちいちアップロードしないといけなかったCGIやSSIの動作確認が自分のパソコン上でできる。

CGIやSSIはサーバでないと動かないと思っていませんか? そんなことはないのです。適切な環境さえ用意すれば、自分のパソコン上でも動かせます。

また、自分のパソコンをインターネット側からアクセスできるように設定すれば、 そのまま、(サーバにアップロードすることなく)ホームページを公開することもできてしまいます。 一時的に大きなファイルを公開したいとか、他人と大きなファイルを受け渡ししたい! …という場合にも活用できます。

ウェブサーバ(自宅サーバ)にするのは意外と簡単

「自分のパソコンをウェブサーバにするなんて難しそうだ」…と思っていませんか? 実は意外と簡単なのです。 「自分は上級者じゃないから無理」なんて考えているなら、それは間違いです。 あっという間にできてしまいます。

普段の作業ができなくなる?…×

「自分のパソコンをウェブサーバにしたら、普段の作業ができなくなるのでは?」…という疑問もあるでしょうね。 そんなことはありません。 ウェブサーバといっても、バックグラウンドで動作するプログラムですから、 普段の作業はすべて今まで通り実行できます。何ら問題はありません。

自分のパソコン上で動いているウェブサーバに、自分のパソコン上のブラウザからアクセスする… ということが可能です。

タダです

さて、こんな便利な自宅ウェブサーバを使わない手はありません。すべて、フリーソフトウェアでできますから、追加投資は不要です。 無料でできます。 ぜひ、環境を構築してみましょう。 何も難しくはありません。

具体的な手順は今後の記事で解説するとして、今回は、ウェブサーバを作るために必要になる作業を簡単に紹介します。 きっと「これなら簡単だ」と思えるでしょう。

自宅サーバは、決して上級者だけのものではありません。
※もちろん、様々な設定を駆使して特殊なことをするには、そこそこの知識が必要です。 しかし、単純にCGIやSSIを自分のパソコン上で実行するだけなら、とても簡単にできます。

自分のPCをウェブサーバにする必要なことは? >>