目に負担がかかっていませんか?

テキストエディタにせよ、ワープロソフトにせよ、画面の基本は、「白地に黒(白色の背景に黒色の文字)」ですね。 しかし、この白と黒は、輝度差が大きくなりすぎて、目に負担がかかってしまう組み合わせなようです。

特に長い文章を読ませるようなページを作る場合は、閲覧者の目が疲れないような色遣いをしたいですね。

しかし、誰にとっても最適であるような組み合わせというのは、おそらく存在しないでしょう。 そもそも、ディスプレイの設定からして、人それぞれなのですから。

というわけで、ホームページの背景色・文字色を、閲覧者が自由に変更できるような仕組みを用意してみましょう。
今回は、その方法をご紹介致します。

閲覧者に色を自由に変更させる

サンプルを用意しましたので、実際に使って試してみて下さい。 プルダウンメニューから色を選択すると、そのページの背景色や文字色を変化させることができます。

サンプルページはこちら
(新しいウインドウが開きます)

動作イメージ
サンプル画面(オリジナル) サンプル画面(灰色背景&黒色文字)
サンプル画面(淡い黄色背景&暗い赤色文字) サンプル画面(緑色背景&白色文字)

実現の方法は...

それでは、この機能を実現する方法をご紹介致しましょう。

それでは次のページへ →