マレー語のあいさつ

太陽がさんさんと降り注ぐ正午前後。この時のあいさつはSelanat tengahariと、日本語と同じように時間帯によって表現が変わってきます

太陽がさんさんと降り注ぐ正午前後。この時のあいさつはSelanat tengahariと、日本語と同様に時間帯によって表現が変わってきます

まずは基本のあいさつからご紹介します。マレーシアの人々は穏やかで大らかですが、決してサービス精神旺盛!という国民ではありません。だからこそ、マレー語でのあいさつがとっても効果的。「こんにちは」という簡単な一言なのに、英語のみのコミュニケーションでは知り得ない笑顔に出会えるはずです。ホテルや、レストラン、ショッピングに立ち寄ったお店にて、ぜひ実践してみてください。

「こんにちは」のあいさつは、時間によって変わってきます。

おはよう(~12時頃)/Selamat pagi(スラマッ パギ)
こんにちは(~14時頃)/Selamat tengahari(スラマッ トウンガハリ)
こんにちは、こんばんは(~日暮れ頃)/Selamat petang(スラマッ プタン)
こんばんは(おやすみ)/Selamat malam(スラマッ マラム)

時間による変化を覚えるのが面倒!というのであれば、以下の言葉が便利です。

お元気ですか?/Apa khabar? (アパ カバー)

こちらは「はじめまして」の意味もあります。ちなみに、Apa khabar?(アパ  カバー) と聞かれた場合は、このように答えます。

元気です/Khabar baik(カバー バイッ)

「さようなら」に関するあいさつも使う機会が多いでしょう。

さようなら(残る人に対して)/Selamat tinggal(スラマッ ティンガル)
さようなら(去る人に対して)/Selamat jalan(スラマッ ジャラン)

こちらも区別が面倒であれば、

またね!/Jumpa lagi(ジュンパ ラギ)

の一言で大丈夫です。その他、使用頻度の高いあいさつは以下です。

ありがとう/Terima kasih(トゥリマ カシッ)
どういたしまして/Sama - sama(サマ サマ)
すみません(ごめんなさい)/Minta maaf(ミンタ マアフ)
すみません(呼びかけ)/Maaf(マアフ)
大丈夫です/Tak apa(タッ アパ)

そして忘れてはならない超基本単語も記しておきますね。

はい/Ya(ヤ)
いいえ/Tidak(ティダッ)