画像編集ソフト選びのポイント

みなさんはデジカメで撮った写真をどのように使っていますか?単にパソコンに取り込んで保存しているだけですか?せっかくだから、何かに活用したいですよね。一番一般的なのは、年賀状に使うことでしょう。

年賀状に写真を入れる場合にも、家族やペットの写真をそのまま年賀状に印刷するのではなく、写真にフレームをつけたり、目が赤くなってしまった写真を修正したり、セピア色にして、レトロな味を出したりなどといろいろ編集して使うことができるのです。暗く撮影されてしまった写真も、明るくできますし、いらない物が映ってしまっても消すことができます。

このようにデジタル画像を編集するソフトを画像編集ソフトと言います。今回は、ガイドお勧め画像編集ソフトをご紹介します。

Photoshop Elements 7 日本語版 Windows版 (アドビシステムズ)

画像編集ソフトの中には、上級者向けでかなり高額のものもありますが、このPhotoshop Elements 7は価格も1万円程度で、初心者から中級者にもかなり楽しめる内容となっています。実際にできる操作は以下の通りです。

  • 写真の整理
  • 写真の修正
  • 写真の検索
  • サイズ変更
  • 不要なものを削除
  • 曲線もなぞって切り取り、他の写真と合成
  • 複数写真で集合写真作成
  • 豊富なテンプレート

■パッケージの種類
・通常版
・アップグレード版
・体験版はアドビの公式サイトから

私は、投げなわツールを使って、切り抜きたい対象物をおおまかになぞるだけで輪郭に沿ってきれいに切り取られることにいつも感激しています。この切り取った写真を他の写真に合成すると、面白い、または奇抜な写真を作ることができます。

画像編集ソフトのご紹介と、Photoshop Elements の使い方を詳しくわかりやすく説明しているサイトは以下になります。
All About CG・画像加工

 【関連サイト】
Adobe Photoshop Elements 7(Windows版)
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。