2009年のトレンドは和ウエディング

2009年のウエディング界のトレンドといえば、真っ先にあげられるのが和の復権ではないかと思います。多くの芸能人が神前挙式を行うようになったことがきっかけで、ここ数年来、じりじりと人気が上がりつつある和のウエディング。お色直しで和装を着る花嫁も増えつつあり、そうした動きが今年になって顕在化しました。

和風の人前式はいかが?
来年も和のトレンドは続きそう
和ウエディングの牽引力となったのは大人花嫁たち。洋のウエディングは友人たちがすでに行っていて目新しさがない、白のウエデイングドレスは素敵なものがあるけれどお色直しのカラードレスに気に入ったものがない、などといった理由で、神前挙式を行ったり、和装を着用したりするようになったのです。

また、いままでは和装というと文金高島田のかつらをかぶるのが一般的でしたが、最近では洋髪に洋風メイクが当たり前になってきて、花嫁の和装に対する不安や懸念が減少したのも、和ウエディングの人気を後押しすることになったようです。

いま最も新しいのは和の人前挙式

そんな状況の中、自分たちの個性を出した和ウエデイングをしたいと考えるふたりにぜひおすすめなのが、和の人前挙式です。人前挙式というと、ウエディングドレスを着て行うというイメージが強いと思うのですが、和装で行ってももちろん問題ありません。

人前挙式においてはセレモニーの内容や進行について決まったスタイルがありません。つまり、どんなことを行ってもOK。ですから、和の雰囲気を盛り込んだセレモニー内容にすることも可能なのです。

和のウエディングには興味があるけれど、神前挙式はちょっと仰々し過ぎる……という人にも、和の人前挙式は断然おすすめ。招待客の前で愛を誓い合うスタイルですから、和やかな雰囲気に包まれるはずです。

また、海外で教会などで挙式を行い、帰国後に披露パーティを開く場合、その帰国後パーティでは和の人前挙式を行う、というのも趣が変わって素敵ですよ。

次ページでは和の人前挙式の具体的な演出をご紹介!