洋髪アレンジが和装人気復活に一役買った

ドレスが圧倒的に人気だった花嫁衣装の事情に、ここ数年、少し変化が見られています。それは、和装をする人が増えたということ。

美しい和の花嫁になる秘密のポイント
文金高島田に角隠しは花嫁和装の定番だったけれど……
花嫁の和装といえば白無垢か色打掛に文金高島田のかつらを合わせて、というのが定番でしたが、このところ人気があるのは洋髪を合わせるパターン。これがこのところの和装人気に火をつけたのです。

というのも、現代女性にとっては文金高島田という髪形、けっこうやっかいなんですよね。見慣れていないせいもあるのでしょうが、どうも似合わない。なんだかみんな三文時代劇のお姫さまみたいになってしまうのです。

ところが、洋髪アレンジなら話は別。自分の顔に似合うように形作ることができますからね。そこで、いままで文金高島田を敬遠していた女性たちが、洋髪でもOKなら和装にチャレンジしてみようかなとなったわけです。

それに、洋髪ヘアなら洋風インテリアの会場にもほどよくマッチ。和モダンの雰囲気が醸し出せ、カラードレスでのお色直しよりも新鮮でおしゃれなイメージをゲストに与えることもできるのです。

重要なのは美容着付スタッフの質

というわけで、和装での結婚式を希望する人が多くなったわけですが、ここでひとつ気をつけなければならないことがあります。それは美容着付スタッフの質。

実は、いままで和装の人気が下火だったため、和装の着付に慣れていないスタッフがけっこう多いんですよね。もしそんなスタッフに当たってしまったら大変! 時間ばかりかかって中座が長くなってしまうし、着付けもぐずぐずに……。

こんなことにならないためには、事前に美容着付スタッフの質をきちんとチェックする必要があります。担当のプランナーさんに聞いてみてもいいですが、普通に聞いても相手は「大丈夫ですよ。ご安心下さい」としか言わないでしょうから、どんな会社のどんな人が担当するのかまで突っ込んで聞いたほうがいいでしょう。

突っ込んで聞くことにより、「この人は和装の着付けにうるさい人なんだ」という印象をプランナーさんに与え、しっかりとしたスタッフを手配してくれることにもつながります。

また、ホテルや結婚式場などでは外部の美容室が入っていますので、その美容室の実績を調べるといいでしょう。和装に強い美容室なら安心です。実際に美容室を訪れて、話を聞くのもいいと思います。

しかし!ベテランスタッフも意外に困りもの!?