戸籍の筆頭者との結婚は「入籍」になる場合も!

再婚者との結婚では「入籍」となる場合も

再婚者との結婚では「入籍」となる場合も

前ページで「結婚の際は新しい戸籍が作られる」という話をしました。ですが、すべての結婚において戸籍が新しく作られるわけではありません。

戸籍筆頭者と結婚し、その戸籍筆頭者の氏を名乗る場合は、配偶者はその戸籍に入ることになります。つまり、「入籍」というわけ。たとえば、再婚者の結婚の場合は、このようになることが多いようです。

離婚をすると、戸籍筆頭者の戸籍から配偶者(婚姻によって氏を変えた者)の戸籍は除籍されます。配偶者は元の戸籍に戻るか、もとの氏に戻って新しい戸籍を作るか、婚姻中の氏のまま新しい戸籍を作るか、この3つの中から選ぶことができます。

たとえば、離婚経験者である男性と結婚し、その男性の氏を名乗る場合、その男性はすでに戸籍の筆頭者であるわけですから、女性は初婚再婚に限らずその男性の戸籍に入ることになります。

一方、初婚の男性(戸籍筆頭者でない)と再婚の女性が結婚し、男性の氏を名乗る場合は、再婚の女性がすでに戸籍筆頭者であったとしても、新しい戸籍が作られます。

初婚男性でも「入籍」になるケースとは?

なお、初婚男性と結婚してその男性の氏を名乗る場合でも、「入籍」となるケースがあります。それは、その男性が分籍をして、一人戸籍を持っている場合です。

成人になれば親の戸籍から抜けて自分の戸籍を作ることができます。これを「分籍」といいます。たとえば、親元から遠く離れて就学・就職するような場合、戸籍が遠く離れた場所にあるのは不便だからといった理由で、分籍するケースなどがあるようです。

このように、分籍している人も戸籍筆頭者となっていますので、このような人と結婚して彼の氏を名乗ることを選択する場合も、「入籍」という形をとることになります。

「入籍」の場合、本籍地も変わらない

以上のような「入籍」の場合は、本籍地もその戸籍筆頭者がもともと定めている本籍地がそのまま引きつがれます。ですから、婚姻届の「新本籍」の欄には何も書かないでおきます。

なお、結婚をして、本籍地を新しくしたいという場合、戸籍筆頭者がまず転籍届けを出して本籍地を変更してから婚姻届を出すほうが、手続きはスムーズに行くようです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。