【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
二次会
二次会は少しくらい羽目を外してもOK?
結婚したふたりを祝うオモテの会が結婚披露宴ならば、二次会はいわばウラ(?)の会。結婚披露宴は招待したゲストを新郎新婦がおもてなしするという側面も強いのですが、二次会は幹事を立て、新郎新婦をみんなで祝っちゃおう!という気分が強いような気がします。両親や親戚、上司などは基本的にはおらず、み~んなオトモダチ。カジュアルに騒げる会といってもいいでしょう。

そんな二次会を盛り上げる二大アイテムは余興とゲーム。今回は、みんなが笑えて盛り上がるものを中心にご紹介しましょう

ハヤリのお笑いネタをぶちかます

手っ取り早いのは、その時に流行っているお笑いネタをまねること。一時期はオリエンタルラジオの“武勇伝”とか、長州小力のパラパラなどが、けっこう行われていたようですが、いまこれをやったら、ちょっとサムい感じがしちゃいますよね。

そう、お笑いネタをマネるのは簡単なのですが、ちょっと選択を間違えると白けてしまうので要注意。いまなら陣内&紀香の結婚式にも登場したムーディ勝山の「右から来たものを左へ受け流すの歌」あたりでしょうか。でも、これも賞味期限はけっこう短そうですね……。

出席者も巻き込んで一緒に歌って踊る

新郎新婦へ歌のプレゼント、というのもよくある演出です。盛り上げるために重要なのは選曲。結婚披露宴の定番ソングといえば、陣内&紀香の結婚式で新郎自ら歌ったコブクロの「永遠にともに」や安室ちゃんの「CAN YOU CELEBRATE?」、SMAPの「らいおんハート」など。ですが、これらストレートに愛を歌いあげる曲は結婚披露宴にはベストですが、二次会を盛り上げるにはちょっとパンチが弱い。

二次会におすすめなのは、出席者も一緒になって歌ったり、踊ったりできるもの。そういう意味では、ベタな曲を真面目に歌う、というのも意外に面白いものです。たとえば、「てんとう虫のサンバ」を、てんとう虫の着ぐるみを着て歌うとかね。モーニング娘。の「ハッピーサマーウェディング」は、女性ではなくて男性陣が野太い声で歌って踊り狂うと、けっこうシュールで笑えます。

ガイドのイチ押し「LOVEドッきゅん」

そんななかで、私のイチ押しの曲は「LOVEドッきゅん」です。これは、歌舞伎町やススキノに店を構えるホストクラブ「club Prince」のホスト5人組のプロモーション曲(?)らしいのですが、初めてみたときはホント大爆笑しました。

ホストくんの歌の合間に、キャバ嬢風のおねえさんたちが「らぶらぶ」「ドッきゅん」と合いの手を入るのですが、これがすごく脱力系です。踊りはパラパラ風、歌詞は替え歌にしやすい雰囲気。これ、完璧にマスターして披露すれば、必ずや二次会は盛り上がります!

■club Prince Official Websiteへはこちらから

次ページでは盛り上がるゲームをご紹介!