花嫁よりは控えめに。でも華を添える存在でありたい

結婚式がホテルや結婚式場でしか行われなかった時代は今や昔。ゲストハウスやレストランなどでも数多く行われるようになった現在は、結婚式の雰囲気も格式のあるものからカジュアルなものまで千差万別。それに伴い、結婚式のお呼ばれ服の基準も変わってきたように思います。

結婚式の服装
花嫁よりも控えめに!が鉄則
冠婚葬祭のマナーブックなどを見ると、女性の服装についての注意点がいろいろと書いてありますが、現実にはあまり即していないような…。曰く、日中はきらきらしたアクセサリーはNGとか、バッグは表皮かスエードのもの、靴も表皮かスエードのパンプスとサンダルはダメなどなど。正装のルールを説明しているわけですから、間違いはないのですが、こうしたルールをしっかり守っているのは若い人の中には少ないのではないでしょうか。

とはいえ、昔から不変のルールがひとつだけあります。それは、花嫁よりも目立ち過ぎてはいけないということ。結婚式の主役はあくまでも花嫁ですからね。もちろん、花嫁の色である白色の服装は避けなくてはなりません。これだけは必ず守りたいもの。

でも、だからといって地味にしていけばいいというものでもありません。花嫁の友人は結婚式に花を添える存在。花嫁よりは控えめに、それでいて、周りの人たちからは「オッ、きれいだな、華やかだな」と思わせるような服装をしたいもの。自分のおしゃれセンスの集大成を見せるのが、結婚式のお呼ばれ服といえるかもしれません。

キャミソールワンピはOK!

さて、それではここからは、個々の服装について、OKかNGか見ていくことにしましょう。まずは、キャミソールワンピース。背中の開きが腰骨のあたりまであるとか、胸の谷間がものすごく深いとか、ご年配の殿方が「目のやり場に困る!」というほどの露出度の高いものでなければOKだと思います。

ただし、格式の高い挙式場では、露出度の高い服装がNGとなる場合もありますので、上から羽織るものは必ず持参すること。これからの季節、会場の冷房が効き過ぎているということもありますので、羽織ものは必須といえますね。

今年は、ワンピースにレギンスを合わせるスタイルも流行っていますが、これはどうでしょう?ホテルなど格式の高い会場ではNG、カジュアルな会場ならギリギリOKといったところでしょうか。女性にとっては「おしゃれ」と映るレギンスとの組み合わせですが、年配の方や男性陣にとっては「なんでモモヒキはいてるの?」といぶかしく思うケースもあるようで…。通常の披露宴ではレギンスをはくのは、やめたほうが無難といえそうです。

ハイヒールなら生脚もOK

これからの季節はストッキングを履かない人も増えます。で、結婚式に生脚で行ってもいいかというと、これはケース・バイ・ケースといったところ。個人的には、お手入れの行き届いた脚にハイヒールというのなら、あまり問題はないような気がします。

ポイントはお手入れの行き届いた脚であること。ガサガサだったり、虫に食われたあとがいっぱいだったり、見た目イマイチの脚ならストッキングでカバーしたほうが無難でしょう。また、靴も重要。トングタイプのサンダルなどあまりにカジュアルな雰囲気のものはやはり避けたほうがいいと思います。バックストラップやオープントウのパンプスあたりがおすすめ。ミュールならつま先が見えないものを。

次ページではパンツスタイルについて