結婚前に自分自身と相手のことを今一度見つめ直して

みなさんは、オーラソーマという言葉を聞いたことがありますか? これはイギリスのヴィッキー・ウォールという女性が生み出したカラーセラピーのひとつ。

このオーラソーマを結婚前のふたりに行う「ブライダル・コンサルテーション」を手がけているのが、西麻布にあるサロン・ラ・ルーチェです。主宰者の戸部美佐子さんは「結婚は第二の人生のスタート。自分自身を見つめなおし、ステップアップするよい機会でもあります。また、お互いのことはよく知っているようで、意外に知らない部分があったりもします。結婚前にオーラソーマで自分相手のことを今一度見つめなおしてみるのも有意義なことではないでしょうか」。

オーラソーマ
ズラリと並んだ106本のボトル

オーラソーマをふたりの絆を深めるきっかけに

オーラソーマを受けるのはサロンの一室。ピンク色で統一された心地よい空間です。ピンクは子宮の色に通じ、人に安心感を与えるのだとか。壁には上下2層に分かれた106本(2007年現在)のボトルがずらり。この中から直感で、気になる色のボトルを選んでいきます。

4本選び終わったら、いよいよリーディングの開始。選んだ色からその人の本質、乗り越えようとしている課題、現在、未来をセラピストが推察していきます。この作業をリーディングといいます。

「セラピーといっても、そんなに堅苦しく考える必要はないんですよ。自分と相手をより深く知るためのひとつのツールとして、気軽に試してみてください」(戸部さん)。ふたりでオーラソーマを体験することにより、いままでは見えなかった相手の新たな一面などにも、気づかされることがあるかもしれません。反対に、自分自身を相手により深く知ってもらうことにつながる可能性も。

「ふたりの絆を深めるツールとして、オーラソーマを使っていただけるとうれしいですね。より幸せになるための手助けとなるはずです」(戸部さん)。

色をテーマにしたグッズは引出物にも

オーラソーマではふたりに共通した色を見ることもできます。それによって、新居に取り入れたい色使いもわかります。サロン・ラ・ルーチェでは、色をテーマにした食器や雑貨をカーサ・ラ・ルーチェというショップで取り扱っていますから、ここでふたりの共通カラーの小物をそろえるのもいいでしょう。

カラフルな食器やカトラリー、アロマキャンドルなど素敵なアイテムがそろい、引き出物にもお似合い。結婚前でバタバタとしているときこそ、ふたりの絆をより深めるために訪れてみてはいかがでしょうか。

ブライダル・コンサルテーション
パートナートライアル 60分15,750円(2名)
マリッジトライアル 60分10,500(1名)

■カーサ・ラ・ルーチェ
住所:港区西麻布4-3-4 ラ・ルーチェ 1階
営業時間:10時~19時
TEL:03-5766-3233
URL:http://www.casa-laluce.com/
※オーラソーマをご希望の方は事前に電話にて予約を。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。