プロポーズの言葉と受け取ってもらえないセリフ

これは某女優さんがバラエティ番組で語っていたお話。交際中の男性が家を買いたいというので、一緒にモデルルームへ出かけた時、男性に「この家どう思う?」と聞かれたそう。男性にとってはそれがプロポーズの言葉だったらしいのですが、その女優さんは気付かず、マイホーム購入の相談だと思ったとのこと。一方の男性は断られたと思い、結婚には至らなかったとか。

プロポーズ
指輪を渡せばプロポーズだとわかってもらえるはず!
確かにあまり遠回しな言い方だと、プロポーズだと気付かない場合があります。先に紹介した女優さんの場合も、「この家どう思う?」のあとに「ふたりで一緒に住もうよ」とでも男性が言ってくれれば、プロポーズだとはっきりわかったのではないでしょうか。ひとりよがりのセリフはけっこう危険。凝ったセリフを言いたい気持ちもわかりますが、相手に伝わらないのでは意味がありません。やはりわかりやすいのが一番ではないでしょうか。

相手の親への挨拶で言ってはいけない一言

さて、彼女から結婚のOKをもらったら、次は彼女の親への挨拶。ここでも、ひとつ気をつけなくてはならない言葉があります。それは、「○○さん(彼女の名前)をください」というセリフ。テレビドラマなどで見かけますけれど、今どきの親御さんだと「うちの娘は物じゃない」と一蹴されてしまいますよ。ここはやはり「○○さんと結婚させて下さい」「○○さんとの結婚をお許し下さい」あたりが無難ではないかと思います。

  *  *  *  


プロポーズの言葉は一生に一度のもの。とはいうものの、あまり気負い過ぎると滑って失敗することも。シンプルでストレートなセリフでも、シチュエーションをロマンチックにすれば、女ゴコロにグッと響くこともあります。言葉だけにとらわれず、どんな場所でプロポーズするかも考えてみるといいと思います。

■「結婚式」サイト内での関連記事
グッとくるプロポーズ
結婚を決意させる必殺の一言
男がビビる“結婚したいオーラ”
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。