【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

沖縄ウエディングの人気の秘密

ここ数年、沖縄の人気が高まっています。旅先としてはもちろん、移住してくる人も増えているとか(これにはいろいろと問題もあるようですが…)。さて、沖縄人気はウエディングの世界でも同様。1999年は年間で200組ほどしか行われていなかったのですが、2004年にはなんと3500組にも増え(沖縄観光コンベンションビューロー調べ)、その勢いはさらに加速しそうです。

クルデスール・チャペル
2006年3月オープン予定の「クルデスール・チャペル」
沖縄ウエディングが増えてきた背景には、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロがあります。この事件の直後は海外ウエディングを控える動きが生まれました。海外ウエディングの人気エリアといえばハワイやグアム。こうしたエリアに替わる場所として沖縄が注目され、その流れが現在も続いているのです。

沖縄ウエディングのメリットは、日本国内でありながら、ハワイやグアムのようなリゾート気分が満喫できるということ。また、国内ですからパスポートも要らないし、言葉の心配もない。海外旅行の経験のない年配者にとっては安心感がありますし、忙しい友人にとっても1泊2日あれば十分に参加できるというのも嬉しいところ(もちろん日帰りだってOK)。

そんな沖縄人気を背景に、沖縄のウエディングの体制もずいぶんと整ってきました。とくに力を入れているのがワタベウェディング。2004年には万座ビーチホテルに「アクアルーチェ・チャペル」をオープン。さらに今回、石垣島の石垣全日空ホテル&リゾートに沖縄離島初となる本格的な独立型チャペル「クルデスール・チャペル」をオープンさせることとなりました。

目の前に珊瑚の海が広がるガラスのチャペル

石垣島は八重山諸島に属し、沖繩の離島の中でもとくに人気のある島のひとつ。ハワイのホノルルと同じ緯度にあり、年間を通して温暖な気候、豊かな自然に恵まれています。那覇からは飛行機で1時間の距離。

クルデスール・チャペル
祭壇の前に広がるのはエメラルドブルーの海!
石垣全日空ホテル&リゾートは、石垣島の南、真栄里(まえさと)にあります。ホテルの目の前には、美しい砂浜を持つ真栄里ビーチが広がり、リゾート度は満点。このホテルに2006年3月、新しいチャペル「クルデスール・チャペル」がオープンします。

このチャペル、エメラルドグリーンの海を見下ろす高台に立ち、四方がガラス張り。大理石のバージンロードは10mの長さ。祭壇前に立てば、ふたりの目の前には美しい東シナ海が広がります。さんさんと降り注ぐ沖縄の太陽を一身に浴び、美しい海に向かって愛を誓えば、感動もひとしおでしょう。

ロマンチックなセレモニーの後は、外の階段で華やかなフラワーシャワー。青い空に色とりどりの花びらが舞う様子は、まさにリゾートならでは。チャペルガーデンにはガゼボもあり、シャンパントスなどが楽しめるのも素敵です。

ちなみに、「クルデスール」という名前は、スペイン語の「南十字星」をアレンジしたもの。そう、石垣島では1月~5月に南十字星が観察できるのです。南十字星は正式名称を南十字座といい、その名の通り十字型。全天88星座の中で最も小さな星座で、本州では見ることができません。ただし、石垣島でも南天の水平線ギリギリに出るので、見られる時間はほんのわずか。ふたりで南十字星を見ることができたら、まさしくラッキー! 幸先のよい新生活のスタートといえるでしょう。なお、チャペルではナイト・ウェディングも可能です。

次ページでは沖縄ならではのパーティ料理についてご紹介します!