【編集部からのお知らせ】
恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

遠距離恋愛の場合、ふたりが住んでいる場所が離れているので、結婚式をどこでやるか、というのは、両家を巻き込んでの大騒動に発展しがちです。どこでやるのが多いのか、そのパターンを探ってみましょう。

お互いのエリアの中間点
両家にとって一番平等な方法がコレ。たとえば、彼が静岡、彼女が茨城だったとしましょう。そうしたら、お互いのエリアのほぼ中間点である東京で結婚式を挙げる。ただし、この場合、両家ともあまり関係のないエリアで挙げることになりますから、会場選びや結婚式の準備などには少し手間取るかもしれません。

どちらかの地元で
どちらかの地元で行う、というのも比較的多いようです。どちらの地元でするかは、両家の話し合いになると思いますが、たとえば、結婚後に彼の地元で新生活を始める場合などは、彼の地元を選択するケースも。

お互いの地元でそれぞれ1回ずつ
どちらでやるか折り合いが付かない場合、思い切ってそれぞれの地元で1回ずつ行う、という解決策もあります。彼の地元でやる時は彼の親戚がメイン、彼女の地元でやる時は彼女の親戚がメイン、ということで行います。費用はちょっとかかっちゃいますけどね。

結婚式をどのエリアで行うかは、遠恋のほか、ふたりの実家が離れているケースでも、問題になることが多いようです。この場合は、上記の解決法のほか、ふたりがいま活動の拠点としているエリアで行う、という方法もあります。たとえば、彼の実家が福岡、彼女の実家が仙台、ふたりは名古屋で働いているという場合、名古屋で結婚式を挙げる、という選択肢もあるわけです。

なお、こうした場合、招待客にも遠方から足を運んでもらう必要が出てきます。その際は、交通費と宿泊代は新郎新婦側で持つのが基本です。交通費についてはチケットを事前に用意し、宿泊費についてはやはり事前に宿泊施設を押さえます。

ただ、遠方からの出席者があまりに多い場合など、すべての費用を負担することが難しいこともあるでしょう。そうした時でも、せめて半額くらいは負担するようにしましょう。招待客に事前に「少ないですが、交通費の足しにしてください」などといって、お金包みを渡しておきます。

なににせよ、結婚式をどの場所で行うかは、ふたりだけで決めないで親の意見もよく聞きましょう。でないと、後になってチャチャが入って、最初から決め直し!なんてことも。両家で意見が対立してしまった場合でも、ふたりはあまり感情的にならずに、両家の調整役を務めるようにしてね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。