【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
お金
浪費癖のある彼、その心理的背景とは……?
人相学によると、小鼻が横に張っている、鼻の穴の大きい人は浪費癖がある、などと言うようです。金銭感覚というものは、育った家庭環境や親からの金銭教育によるものが大きいと私は思うのですが……。浪費をしているうちに、人相も変わって鼻の穴が広がるものなのでしょうか。

冗談はさておき、付き合っている彼に浪費癖があって悩んでいる、という女性は意外と多いのではないでしょうか。きちんと働いて稼いでいるはずが、給料日までまだ何日もあるというのに「金がない」がいつもの口癖だったり、大して必要ではなさそうなものをポンポンと購入したり。結婚を視野に入れて付き合っている場合はとくに、相手の経済力だけでなくお金の使い方も含めた「生活力」が気になるものです。

今回は、そんな「浪費癖のある彼」の心理的背景から、上手に付き合える相性の良い女性を解説いたします。

「浪費癖のある彼」その心理的背景と性格

浪費家のタイプには大きく分けて2種類あると私は思います。一つは“モノ”に対する浪費をする人、そしてもう一つは“コト”に浪費をする人です。

“モノ”に浪費をするタイプには、小さい頃に欲しいオモチャをあまり買ってもらえなかったとか、家庭が貧しかったという人も多いようです。その反動で、自分で働いてお金を得たのだから、もう欲しいものに我慢をしたくない、という気持ちが働くようです。

また、モノの管理が杜撰である、という傾向もありそうです。たとえば携帯やお財布をしょっちゅう紛失して何度も同じ物を買う羽目になるとか、同じような靴や洋服を持っているのに買い足してしまうなど。ポンポンと購入する人ほど、購入したモノを大事にしていなかったりするものです。

あるいは、モノを買う行為自体から精神的安定を得られる、という人もいます。言わば“買物依存症”です。この場合は心の病が関係してくることもあり、その原因究明や治療はちょっと複雑かもしれません。

“コト”に浪費をするタイプには、たとえば人付き合いにおいて気前よく奢ってしまうなど、その行動の背景には見栄を張りたい気持ちが潜在しているようです。また、友人に誘われると「金がないから行けない」などと断るのはみっともない、男が廃る、などと思うようで、ついつい誘われるがまま、イベントなどに参加してしまいます。

パチンコや麻雀などのギャンブルにはまっている男性も、突き詰めると「見栄っぱり」が原因と言えるかもしれません。「男らしく、一発大きく当ててやる」などと、本人は男気を出しているつもりなのですが、その実はただの無謀な行為です。

いずれにしても、浪費癖のある人は計画性がなく、楽天家の傾向が強いと言えるでしょう。スッカラカンになっても、「きっと、どうにかなるさ」と気楽に構えていることが多いようです。本当にどうにかなればいいのですが、世の中そううまくはいきません。彼とお金のことでもめる、などということはできれば避けたいですね。

次のページでは、浪費癖のある彼と上手に付き合える女性のタイプを分析します。