【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

ケンカするほど仲が良い、とは言え……

恋人同士のケンカ
普段は仲の良い恋人同士と言えども、ときにはケンカをすることもあるもの
誰しも、なるべくなら恋人とケンカはしたくないはずです。いつも2人が仲良く楽しくいられたら、こんなに幸せなことはありませんよね。それでも、まったくケンカをしないカップルなんていないのではないでしょうか? やはり、人と人とが接する際は、ある程度の摩擦がつきものなのでしょう。

ケンカするほど仲がいい、とは言うものの、いつもいつもケンカしているカップルというのは、ちょっと問題です。お互いの精神状態にもよくありませんし、頻繁にいがみ合っていれば、いずれ別れるのも時間の問題でしょう。

恋人同士のケンカは大きく2つに分けられる

恋人同士のケンカは、意義のあるケンカと、意義のないケンカの2つに大きく分けることができます。意義のあるケンカとは、お互いの愛を深めるため、より良い関係を築くための前向きな衝突であるのに対し、意義のないケンカとは、ただ相手に怒りの感情をぶつけたいだけ、あるいは相手の主張を受け容れたくないだけ、後の二人の関係のことなど考慮していない衝突です。

たとえば、恋人に自分の性格のある一部分を否定され、ケンカになったとしましょう。もちろん、自分が悪いと思わない場合は無理して謝る必要なんてありません。相手に理解してもらうため、主張することでケンカになったとしても、それは意義のあるケンカです。

ただし、否定されたこと自体に腹を立て、「だったら私なんかと別れて、もっといい相手を探せば!?」などと、突き放すようなセリフを叫んでしまった場合、これでは意義のないケンカになってしまいます。「雨降って地固まる」どころか、「雨降って恋流れる」ケンカでしかありません。

人間ですから、感情的になるのは当たり前、それが100%悪いことだとは思いません。いつも冷静に、理論的にケンカするなんて不可能ですし、感情的になるからこそ思いが伝わるということもあります。ただし、2人の関係にとってプラスになるようなケンカをするためには、必要な心構えというものがあります。それについては、次のページでご紹介しましょう。