【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
美女の美意識
美しい女性はさらに美しくなろうとする意欲が高いもの
美人でファッションセンスもよく、スタイルもいい。そんな女性は、かなり異性にモテると言えましょう。当然、付き合う男性もルックスのイイ男であるかと思いきや……。意外にも、美男美女のカップルが少ないのはなぜでしょう。巷のカップルを見て、「なんでこんな美人と、こんな箸にも棒にも引っ掛からないような男が……」と思ったことはありませんか?「男は見た目より中身だから」という方もいらっしゃるでしょう。もちろん、それも虚構ではないのでしょうが、私が思うにそれは結果論であって、付き合う当初からそう思っていたわけではないはずです。もっと言えば、「相手のルックスに関する理想と現実のギャップを埋め合わせるための言い訳」のような気もいたします。相手の中身、つまり性格の良さや好きなところが本当に理解できるのは、付き合ってしばらく経ってから、というのが一般的ではないでしょうか。

美女の美意識は他者よりも自分に働く

さて、どうして巷に美女と野獣カップルが多いのかという本題に戻りますと、それはズバリ「美女は野獣が好き」だからなのです。美女の美意識はすべて自分に働くものであるからして、相手のルックスは二の次。言ってしまえば、自分が綺麗に見えることが大切なので、相手は引き立て役でもいい、ということです。

こういう言い方をすると、美女は性格が悪い、と思われそうですが、決してすべての美女が以上のことを明確に意識しているわけではありません。ただ、潜在意識としてはあるのではないでしょうか。これは美しく生まれた者の性でございます。

昨今、「人は見た目が9割」という書籍がベストセラーになりましたが、著者の竹内一郎さん曰く、人は顔つき、仕草、目つき、匂い、色、温度、距離などなど、言葉以外の「見た目」による膨大な情報で人を判断しているということです。つまり、美女にとっては、「野獣の顔つき」だけが好きなのではなく、野獣ならではのしぐさ、目つき、匂い、色、温度、距離などの総合的な「見た目」が心にピピッとくるわけです。

そこで次のページでは、野獣男性ならではの魅力について解説します。