結婚したいのにできない人は“茹で蛙”

7年前。『負け犬の遠吠え』とともに話題を呼んだ一冊。
結婚したいけどできないって言い続けている人は、“茹で蛙”なのだと小倉さんは言う。

蛙はいきなり熱湯に入れられるとジャンプするけど、ぬるま湯に入れると、少しづつ温度を上げても気付かない。のぼせて倒れるまでは、危機感もなく、茫洋と湯に浸っているだけ。

“結婚したいけどできない”という、男女の多くのは、そこそこの仕事について、友だちも両親もいて、不安でも毎日はそれなりに楽しい。そういうぬるま湯の中にいるから、危機感がないし、変われない。

「でも、それで良いんじゃない。ぬるま湯にいられるうちはいればいい。今という現実は、どんなに文句を言っても、自分が望んでいることの表れなんですから」

ううっ!! 痛い、痛いけれど、的を射ている。

さらに小倉さんの追撃は続いた。「要するに、みんな恋愛も味わって結婚もしたいっていうことでしょ。恋愛と結婚の才能は別ですから。それぞれの才能を磨いて、自分から動かないと叶わないのに、何もしない」。

“自分から動く”とは、モテ服を着て婚活パーティーに行くことじゃないし、無駄に自分磨きをすることでもない。

では、どうすればいいのか――? その答えは、本書には書いていない。ただ、計画には書いていないだけで、本質的なヒントはたくさん隠されていて、それを自力で読みとることに意味がある。(出来合いのマニュアルに対するアンチテーゼもあります)

次のページでは、今時の男子が結婚相手に求める条件について!