【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
恋愛にいたるまではもちろんのこと、セックスに関しても自分からは行かない、行けない。ノンセックスな男性は、“草食系”なんて名称を名づけるまでもなく、スタンダードに存在して、ますます増えているらしい。つい先日、一緒に遊んだ男性たちもそうだった。

長年の彼女がいるAくん、付き合い始めの恋人がいるBくん、ただいまデート中のCくんの3人がいたのだが、誰もセックスに対して情熱がなかった。ちなみに全員30歳前後。まだまだこれから男盛りなはずなのに。

長年の彼女は家族みたいで衝動的な性欲はわかないというAくん、付き合うまでは慎重にコトを進めたいというCくんはともかく、今の恋人と付き合い始めのBくんまでもが自分からいかないっていったい……?
 

彼らがセックスしたくない理由

そこまで女性側が気をつかわなきゃいけないの? とメクジラ立てる前に、女としての自分を評価してみましょう
「したくないってこともないけど、そんなに性欲が強くないんだよね。まぁ、仕事も忙しいし時間と体力使うでしょう」

理由を尋ねてみると、何だか生ぬるい答えが。そもそも、今の恋愛市場の中心世代(20-30代)は、ジャンクフードばかり食べてテレビゲームばかりして育った“精子が薄い世代”と言われたりもするけれど……。単に男として怠惰なだけ? 

とはいえ、どんな理由にせよ、男に積極性が失われているのはたしか。欲望と必要性を感じるならば、女のほうから誘ってみるしかないのかも――。

しかし! 前述の3人を含む数名の男性に聞いてみたところ、ほぼ全員が、女性から誘われるのはNO! という回答だった。
 

女性から仕掛けるのもNG!?

勝負パンツとか履かれても、間接照明で出迎えられても、「何だか怖い」のだと彼らはいう。 

具体的な理由を挙げてもらうと、「自分のペースでセックスしたいから。したくない時にあからさまなサインがプレッシャーになる」という至極、まっとうかつ身勝手なものがもっとも多かった。それから、もうひとつ、直接的な誘い方、マニュアルで読んできたような誘い方は、日本男児が苦手な肉食的な怖さがあるばかりでなく、チープに見えてしまうのだという。

「赤いレースの下着とか付けられても、そもそもそういうのオレの趣味じゃないし。萎えるだけです」

「性欲的な作為が透けて見えると、怖い」

意外と繊細でロマンティックな夢を見ている男性にとっては、どぎつい誘いは逆効果だということ。とはいえ、誘い方次第では、男の気持ちが盛り上がることも、もちろんあるらしい。 それって、どういう誘い方なんだろう?


女性からの誘惑ポイント