広大なキャンパス、学習環境抜群。早稲田大学本庄高等学院

早稲田大学建学の精神に基づき学校生活を送る早稲田大学本庄高等学院

早稲田大学建学の精神に基づき学校生活を送る早稲田大学本庄高等学院

早稲田大学が創立100周年を迎えた1982年に附属校として開校。2007年より共学となる。早稲田大学の直系附属校としては、本庄高等学院と早稲田大学高等学院(東京都/男子校)の2校。

早稲田大学建学の精神に基づき、「自ら学び自ら問う、学習の基本姿勢を養う」「総合的な理解力、独自の批判精神を含めた個性的な判断力を養成する」など4つの教育方針を掲げる。この方針のもと、生徒に自律と自立、進取の精神をもって積極的に学校生活を送り、自らを高めることを求めている。

学習環境は抜群。本庄市校外の丘陵地全体が早稲田大学本庄キャンパスとなっており、敷地面積856498平方メートル。その敷地内に高等学院の校舎がゆったりと広がる。キャンパスは自然豊かな森に囲まれ、キジやタヌキ、ヘビ、ウサギなどの動物たちや、カブトムシ、クワガタなどの昆虫たちの棲家ともなっている。梅や桜、山つつじの名所として市民にも親しまれ、散歩やジョギング、幼稚園や小学校の遠足などにも利用される。地域に開かれた環境と大学と同居するアカデミックな雰囲気のなかで、生徒たちは豊かな高校生活を送ることができる。

開放的で自由な校風。自主性があり、自らの目標にむけて積極的に努力する生徒に適した学校といえよう。生徒数は912名。