意外と多い不倫体質な女って?

画像の代替テキスト
結婚向きの男にはモテないのに、不倫オヤジにはモッテモテ。30女にとってはよくある話です。
30代になると、「不倫」というものについて、つくづく思うことがある。それは、「不倫は体質である」ということ。妻帯者との1度や2度のデートやベッドインなら、多くの女が体験しているし、たとえ、付き合ったとしても、20代のうちに1度くらいの不倫ならライトな範囲で収まるものが多いけれど。

性懲りもなく何度も不倫している女。30代になってもディープな不倫から抜け出せない人は、間違いなく不倫体質の女だ。それは冷え性や便秘のごとく、不倫が体にしっかりとしみついている。

不倫体質の女は私の周囲にもたくさんいる。

不倫体質な女、その1。

友人A子は、20代半ばで数年来の不倫を清算して、「次は結婚相手を探そう!」と思っていたものの、本命の彼氏ができないままに30歳目前に。とうとう、29歳の時に出会った取引先の彼と、人生2度目の不倫をスタート。それから6年。あっという間に現在35歳だ。

仕事でもそれなりの地位を獲得している今、結婚にアセリはないという。不倫のドロドロを経験しているゆえに、「彼を奪おうとは思わない」とはいうものの……。年々仕事に浸食され、他の恋愛が遠のいていく現況に息苦しさを感じているのも事実だ。独身の彼ができたら、不倫の彼とは別れる」が口グセだし、美女ゆえに、男友だちを紹介すれば称賛を浴びるのだけれど、いまいちマジモードの恋愛には発展しない。

男友だちにその理由を聞くと、、「A子は何かワケありっぽく見える」のだという。 A子が不倫をしていることを知らないはずなのに! 不倫体質は、顔にもにじみ出るのか、A子は相変わらず、不倫オヤジからはモテモテだ。まさに、不倫ハーレムまっしぐら。

不倫体質な女、その2。

後輩のB子は、学生時代、さんざん不倫していた。同世代からオヤジまで、「妻帯者は負い目がある分、自分に優しくしてくれる」という理由で何股も同時進行していた。思い切り楽しんだ後、25歳の適齢期、一気に不倫男を全部切ってエリート商社マン結婚。と、ココまでは計算ずくだったのだけれど……。

数年後、結婚した夫がDVかつギャンブラーであることが発覚。ネットで出会った妻帯者とダブル不倫で自分だけが家庭崩壊。バツイチになり、33歳になった今も、相変わらず、不倫を続行している。オイシーところ取りをするつもりが、いつのまにか不倫に食われてしまった重度の不倫中毒者だ。


A子とB子。どちらも、自分が不倫体質だとは全然気付いていないのが共通項だ。

つまり、不倫体質とは、無自覚にかかってしまうものなのかもしれない。「私は不倫体質じゃない!」という人も1度、自分がどの程度、不倫体質なのかチェックしてみてほしい。

次のページでは、そのチェック法をお伝えします。