山手学院高等学校の入試傾向

推薦入試は1月24日(2011年度)。募集人数は男女40名(理数コースを含む)。選抜は面接。出願資格として中3の5教科の評定合計が24以上、または9教科の合計が41以上(いずれも5段階評定)で、2・3年の9教科の評定が各3以上であることなど。

A日程(併願入試)は2月10日。募集人数は男女60名(理数コースを含む)。B日程(併願入試)は2月12日午前。募集人数は男女40名(理数コースを含む)。B日程(一般入試)は2月12日午後。募集人数は男女100名(理数コースを含む)。入試科目はAB日程とも国・数・英。各50分、各100点となっている。(2011年度)

進学実績が伸びていることから、B日程の倍率は2~3倍で推移し上昇傾向にある。今後も高倍率が続くと見込まれる。

県立横浜平沼高、県立希望が丘高、県立横須賀高、県立鎌倉高、桐光学園(男女別学)、日本大学藤沢高(共学)、日本女子大附属高(以上、神奈川)、中央大付属高(共学)、駒込高(共学)、本郷高(男子校)、広尾学園(以上、東京)などの併願者が多い。

山手学院高等学校の学費(2009年度)

  • 入学金 200000円
  • 施設設備費 240000円
  • 年間授業料 432000円
  • 維持費 96000円
  • 国際交流費 36000円
  • 初年度納入金合計 1004000円
  • その他保健衛生費等がある。
  •  
  •  
このほか、任意の教育振興費1口10万円1口以上がある。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。