慶應義塾高等学校の入試傾向

推薦入試の募集人数は約40名。第一次試験は書類審査で、合格者のみ第二次試験(1月23日)を課す。第二次試験は面接。出願資格として中3の1・2学期の9教科の成績合計が38以上(5段階評価)であることなど。

一般入試の募集人数は約330名(帰国生若干名を含む)。第一次試験(2月13日)は国・英(リスニングなし)・数。各教科60分、100点。合格最低点、平均点は非公表。第二次試験(2月16日)は面接。受験生1名と面接官2名の面接と、受験生1名と面接官1名の面接の計2回を実施する。全般的な人物像をみるために種々の質問がある。

2010年度推薦入試の倍率は一次2.4倍、二次1.5倍。一般入試は一次2.7倍、二次1.5倍。推薦・一般とも神奈川の私立高のトップ。

県立横浜翠嵐高、県立湘南高、桐蔭学園(以上、神奈川)、国立筑波大附属駒場高、国立学芸大学附属高、都立日比谷高、都立西高、開成高(男子校)、早大高等学院(男子校)、海城高(男子校)、桐朋高(男子校)などの併願者が多い。

慶應義塾高等学校の学費

  • 入学金 340000円
  • 年間授業料 740000円
  • 施設設備費 130000円
  • 教材費 4120円
  • 生徒会費 8000円
  • 保護者会費 13000円   
  • 初年度納入金合計 1235120円

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。