【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
言葉一つで大きく印象の変わるメール
ごく日常的な通信手段として使われているメール。仕事先とのやりとりぐらいは気を遣うにしても、通常は特に意識もせず、しらっと使っていることも多いでしょう。が、ココ一番の相手との初期段階となると、一言一句細心の注意を払い、校正に校正を重ねて、さらに二日ぐらい寝かした方が安心、てぐらい大事な通信手段となります。

うーん、どうやって誘おう。せっかくメアドゲットしたのにガッつくのもなんだし、軽くも見られたくないし。でもデートのアポは取りたい。これ、切実です。肉食だってビビるときはビビるし、チャンスを逃したくない気持ちからココロだってすくみます。

そんなナイーブな男子ゴコロからすると、こんなメールが来たらグッとくるとかこないとかは、至極簡単なこと。普段は悩む立場から逆転すると、気も楽になりディレクションしまくりデス。女子の皆さん、こんなメールがイケてますってことで、半分でまかせですが、流してみて下され。