都立日比谷高校の入試傾向(入試日以外は2009年度データ)

募集人員は317名(男子166名・女子151名)。推薦入試の募集人数は定員の2割(男子33名・女子30名)。選抜は面接(170点)、調査書(450点)、小論文(540字~600字・50分/100点)。面接は約25分、受検者と面接官各3名の集団面接。事前提出のPRカード、調査書と、学校側が示す「本校の期待する生徒の姿」の内容を照らし合わせながら面接する。推薦の応募資格として中学の成績基準等は設けていないが、「教科学習に関連する分野で、英語検定準2級その他、同等の資格・能力を有すること」など、「望ましい」生徒の条件は示している。

学力検査の募集人数は定員の8割(男子133名・女子121名)。このうち9割を総合成績順位で選抜。残り1割(男子13名・女子12名)を特別選考として学力検査得点順位のみで選抜。特別選考は、総合成績順位で合格に至らなかった者のうちから選抜する。検査科目について、国・数・英(リスニング除く)は独自問題、社・理とリスニングは都立高共通問題。各教科50分、100点。

学校では例年、日比谷高を志望する中学3年生とその保護者を対象に、入試に関する個別相談会を開催。約20カ所のブースで教員が相談に応じている。

2010年度の推薦入試の応募倍率は男子4.21倍、女子4.17倍。学力検査(1次)の実質倍率は男子2.06倍、女子1.60倍。近年の都立志向や大学進学実績の向上から高倍率で推移している。日比谷高もさらに狭き門となりそう。特に男子の倍率が上昇している。

慶應義塾高(男子校)、慶應義塾女子高、早稲田高等学院(男子校)、豊島岡女子学園高、海城高(男子校)、青山学院高(共学)などの併願者が多い。

都立日比谷高校の学費

  • 入学料 5650円
  • 積立金 40000円
  • 生徒活動費 3000円
  • PTA会費 5400円   
  • 初年度納入金合計 54050円
  •  
  •  

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。