都立屈指の名門、日比谷高校

名門復活をかけ、公立進学校としてさまざまな教育改革を推進している日比谷高校

名門復活をかけ、公立進学校としてさまざまな教育改革を推進している日比谷高校

1878年に東京府第一中学校として創設。戦後の1948年に東京都立新制第一高校に改称ののち、1950年に共学化し現在の校名となる。

教育の理想として、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間を育成し、普遍的にしてしかも個性豊かな文化の創造をめざすことを掲げる。この理想のもと、生徒に向けて自律的人格、学習と教養、責任と協調、心身の健康、文化と平和の5つの目標を示し、文武両道の教育を実践。

行事や部活動も盛んで、ほとんどの生徒が部活に所属。全体に運動部の比率が高く、弓道部、陸上競技部、バスケットボール部、ダンス部など多くが部員40名前後。なかでもサッカー部と硬式テニス部は60名前後の部員を抱える。文化部も音楽部・合唱班は40名、オーケストラ班は70名程度など、活発な活動ぶり。三大行事の体育大会、日比谷公会堂で開かれる合唱祭、クラスごとの演劇が目玉の星陵祭(文化祭)もすべて生徒が取り仕切り、日比谷の伝統行事となっている。自主自律を重んじる校風。主体性をもち、自らの高い目標に向かって挑戦する生徒に適した学校といえよう。生徒数762名。