高大連携による教育として、学問入門講座を開講

学校の開門は朝7時30分。50分授業で6時限まで(木曜は7時限)。1時限目は8時15分から開始。10時15~35分は礼拝が行われる。必修の英語は全学年で習熟度別授業を実施。多様な進路に対応するため、高2から選択科目をおく。高2の選択科目には数学分野や理科分野に加え、語学分野として英語、フランス語を設置。高3では授業時間の半分は選択科目となり、聖書特講、国語特講、世界史特講、数学演習、環境科学、美術立体、美術平面、英語特講義、フランス語、ドイツ語など多彩な科目を設置、実践的な指導を行う。

高大連携による教育として、土曜日に学問入門講座を開講。青山学院大学・短大の各学部の教員が専門分野の学問を分かりやすく講義する。2009年度について、経営学部は「マーケティング戦略入門」、文学部史学科は「謎解きソクラテス」、理工学部は「光と物質—光によって物質の性質を変える」、短大子ども学科は「幼児教育入門」など、年間で約40講座を開講、生徒は将来の進路選択などに役立てている。

青山学院高等部の大学進学実績

青山学院大学・女子短大への優先入学制度があり、卒業生の約8割が内部進学する。内部進学は高等部の成績、高3で行われる2回の学力テストの結果などを総合的に判断して決定。2010年は青山学院大学に362名、女子短大1名が推薦合格。他大学へは、国公立が一橋大・東工大各2名、筑波大・東京外語大・東京芸術大・首都大各1名など。私立では早稲田大30名、慶應大18名、立教大13名、上智大11名、東京理科大4名など(以上、2010年度)。