教育目的は「新しい紳士」の育成。海城高校

難関大進学に対応したカリキュラムで指導し、すぐれた進学実績を誇る海城高校

難関大進学に対応したカリキュラムで指導し、すぐれた進学実績を誇る海城高校

1891年に海軍予備校を設立、1900年に海城学校と改称する。1927年にそれまでの麹町から現在の新宿区大久保に移転。戦後の1947年に海城中学が、翌年に高校が発足。2009年で創設118年を迎えた。

教育目的は「新しい紳士」の育成。「新しい紳士」として、フェアーな精神、思いやりの心、民主主義を守る意思、明確に意思を伝える能力の4つを掲げる。この教育目的のもと、学習指導に加え、きめ細かい生活指導を行う。欠席・遅刻をはじめ、道徳心や公共心、自己管理能力、責任感を育成。友人関係などで悩みを抱えたときは、落ち着いたカウンセリングルームで専門のカウンセラーが親身に相談に乗り、解決にあたる。また、学校が都会の真ん中に位置することを考慮し、全職員が地域と連携しながら校外巡回を実施。登下校時のマナーや安全指導にあたっている。

部活も奨励しており、多くの生徒が勉強と両立させている。運動部はラクロス部、アメリカンフットボール部、ラグビー部、山岳部、弓道部、剣道部など16部。文化部は鉄道研究部、数学部、吹奏楽団、コンピュータ部など16部。同好会はハングル同好会、古典芸能同好会、パフォーマンス同好会、評論同好会など9つ。

堅実で落ち着いた校風で、向上心をもち、学校生活に真面目に取り組む男子生徒に適した学校といえる。生徒数1151名、1学年9クラス。