元彼からメールをもらって、返信するときにも確認を

元彼
メールを送る前に、もう一度冷静に自分の気持ちを確かめてみて
前のページでご紹介したA子さんのように自分から元彼にメールを送るのではなく、元彼からメールがあって返信するときにも誤解されないように万全の注意を払いましょう。

4)気合い入れすぎ、気持ちをこめすぎていませんか?
→少し会わないうちに成長した、いい女になったアピールで聞かれてもいない近況など、勝手につぶやいていませんか?
未練たっぷり……と思われても構わないのなら、文字ぎっしり気持ちをこめたメールを送ってもいいけれど、その後続かなくなる可能性大。短め、明るい内容のメールを送って様子見、相手との温度差や距離感をつかむほうがいいでしょう。

5)元彼に会いたいの? 自分は何をのぞんでいるの?
→A子さんは、「できるなら元彼とまた付き合いたい」と言っていましたが、「ただ気になる」「今、自分が寂しい」というだけなら、勢いでメールを送るよりも冷静に過去の恋愛を振り返ってみましょう。別れた原因、うまくいかなくなったきっかけなど、うやむやにしては先に進めません。元彼とやり直すことをのぞんでいるのか、自分は何を求めているのか、もう一度考え直してほしいなと思います。

【関連リンク】
愛されるメール 嫌われるメール

恋のモチベーションUP!愛されメール術
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。