【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

本音を言いやすいのは直接会って? それともメールで?

コミュニケーション
イヤなことを直接相手に言えないのは傷つくことが怖いから?
普段は、もっぱらメールのやりとりばかり、直接話をするよりもメールのほうが本音を言いやすいという人も多いかと思います。用件を気軽に送り合えるメールは便利。面と向かって言いにくいことはメールで済ませてしまおうという人も増えています。

インターネット調査会社のマクロミルが実施した日本全国の高校生男女を対象にした恋愛に関するアンケート。好きな人に告白するときは、「直接会って話す」が最多の50%になりました。一方、別れるときの行動を尋ねたところ、携帯電話で別れを告げる人が最も多く46%(「メール」30%、「電話(16%)」でした。

また、恋人と喧嘩した後は「メール」で謝る人が34.7%、「電話」で謝る人が27.3%。直接会って謝る人が27.3%なので、イヤなことは直接会うよりも、携帯電話を介して伝えたいと考える人が多いんですね。

自分のことを理解してもらう努力をしていますか?

恋人と喧嘩をしたら「直接謝るよりもメールや電話のほうがいい」と答えた人の理由で挙げられるのは、「謝ろうと思っても会うと喧嘩になりそう」「メールのほうが冷静に自分の言いたいことを伝えられる」というもの。恋愛を長続きさせるためには、お互いに良いところだけでなく、欠点も含めて理解し合うことが大事だといわれているけど、メールのやりとりで完結する関係って、長続きするのでしょうか?

最近、映画『P.S. アイラブユー』と『ただ、君を愛してる』のDVDを続けて観たのですが、どちらも愛しい人宛に手紙をのこす物語でした。実際、あっけなく別れが訪れることだってあるでしょう。生きていると良いことばかりじゃないし、傷ついたり痛い目にあったりもします。だからこそ、大切な人と向き合える時間は貴重だし、気持ちを伝える努力はするべきなのかなと思いました。

本音を上手に伝えることができたら、恋愛も長続きするはず……。


では、本音を上手に伝えて恋愛を長続きさせるには……
次のページへ