究極のラブストーリー「きみがぼくを見つけた日」

きみがぼくを見つけた日
愛するヘンリーは“時の旅人”。ふたりは何の前触れもなく幾度も引き離されて
この秋、公開の映画「きみがぼくを見つけた日」は切ない運命に挑む恋人たちの物語。ベストセラー小説「The Time Traveler's Wife」に基づく時空を超えたラブストーリーです。

ラブストーリーには、ふたりを試すような困難が付きもの。「きみがぼくを見つけた日」のカップルにもヘンリーの時間旅行という試練が与えられます。

作品をご紹介しますと……ヘンリー(エリック・バナ)は、時空をさまよう男。自分の意志とは関係なく、過去と未来を行き来してしまいます。それは誰にも信じてもらえない、秘密を抱えた孤独な人生。ある日、過去に舞い降りた彼は、野原に隠れているところをひとりの少女に見つけられます。少女の名前はクレア(レイチェル・マクアダムス)。一点の曇りもないキレイな心を持つクレアが「未来から来た」というヘンリーの言葉を信じた瞬間から、ふたりの特別な愛の物語が始まるが……。

そう、クレアが初めてヘンリーと出会ったのは6歳のとき。幼かったクレアにとって未来からやってきたヘンリーは、相談相手で親友であり、心ときめく初恋の相手でもあったのです。「いつか必ず、同じ時空で会える時がくる」というヘンリーの言葉を胸に抱きしめ、クレアは大人の女性に成長して、ふたりはめぐり会います。

愛情が深くなるほど不安になったり、すれ違いに悩んだり…

きみがぼくを見つけた日
運命のパートナーと出会えたことは奇蹟。試練を乗り越えてこそ、絆は強くなるけれど…
このラブストーリーに描かれているのは過去も現在も未来も変わらずに確かな絆で結ばれて、真剣に愛し合っている1組のカップル。ヘンリーの時間旅行は遺伝子レベルの奇病という設定ですが、人生にはいいことも悪いことも起こります。

時間旅行がふたりを引き合わせたけれど、それと同時に一瞬で引き裂かれてしまう困難が待ち受けていたのです。相手への愛情が深くなるほど不安になったり、すれ違いに悩んだり……。

あなたは、この物語のヒロイン、クレアのように恋の試練を乗り越える覚悟がありますか? 


恋の試練を乗り越えられる?「愛の強度チェック」と、その解説は