【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

異性だから難しい!

男女の友情
異性の友人には「一緒にいて楽」を求める人が多いのでは?
普遍のテーマともいえる「男女の友情は成り立つか?」。モテない人ほど異性を意識してしまうため、「ない」と断言する傾向があります。

片方が好きになって、「関係が壊れてしまうくらいなら」と、恋愛感情を押し殺して友だちでいることは可能ですが、それはかなり危ういバランスの上に成り立つ友情であり、ふとした瞬間に崩壊。これを多く経験してきたモテる人もまた、「男女の友情はない」と言うから興味深いものです。

それらをふまえ、男女の友情は、「全く恋愛対象ではない相手」に限り、成り立つと言えるでしょう。人間として魅力的だからこそ、性別を超えて友人になるわけですが、「友だちとして好き」と、「恋愛対象として好き」の間には、薄い壁しかありません。一緒にいて楽しく、気心が知れているだけに、ふとしたきっかけで恋愛になる可能性が十分にあるのです。

同性のように友だちであり続けるのが難しいですが、そのときお互いが「友だち」と思っていれば、それは友だちと言えるのではないでしょうか。

女性のほうが難しいと言う!?

「男女に友情はあるか?」と問われると、傾向として男性のほうが「ある」と言い切り、女性のほうが「ある…けど難しい」と言葉を濁します。

いわゆる【男の友情】、「あいつが好きだからダチだし、つるむんだ!」というシンプルな感覚を女性が理解し難いのと似ているかもしれません。

また、多くの遺伝子を残したい男性のほうが性欲の対象範囲が広く、仲良くなるとどこか異性として意識してしまいます。これを女性は敏感に感じ取り、「友だちだと思っていたら、異性として見られていた!」と思い、男女の友情を難しいと考えるのです。

一方男性は、女友達に心のどこかで性欲を抱いたとしても、「ダチだ」というハッキリした気持ちと、「性欲がわくのは生理現象」という割り切った感覚があるため、男女の友情を「ある」と言います。


彼女と女友だちで三角関係に!?