流行りの婚活を自分なりにしてるのに出会えません!

30代になって今、本気で結婚をしたいと思っているのですが、なかなか上手くいきません。

今や30代は婚活なくして結婚できない時代へ?!
大きな理由の1つに「正直これだ!」と思える人との出会いがなかなかありません。社内恋愛の可能性はすでにないと思われるので独身仲間の友人が主催する合コンはもちろん、異業種交流パーティー、そして今、流行の婚活を意識したお見合いパーティーなど、あまり周りの友人にも言ってませんが実は普通の人以上に幅広く動いてはいるつもりです。

このままだと結婚相談所しかないのかな・・・と真剣に考えたりもしていますが、将来、自分が恋愛結婚したいという希望が叶えられるのか不安です。
幸せな結婚に結びつくためには、どうすればいいのでしょうか?

既婚者の相手と出会った場所からわかる恋愛法則とは?

既婚者の多くは一体どのように相手と知り合っているのでしょうか?
ある女性既婚者対象に行ったアンケートを見てみると・・・
「結婚相手と出会った場所は?」という質問の堂々の第1位は、やはりというべきか職場で28%でした。以下、2位=知人の紹介(20%)、3位=学生時代のサークル、インターネット(8%)がほぼ同位でのランキングになっています。

ここから判ることは何でしょうか?時代の変化とともに出会いの場所で急速に変化していることはと言えば、インターネットを通じて出会うということが挙げられますが、実際はあまり時代に関係なく結婚相手と出会う人が上位を占めています。

すでに身近に恋愛対象がいない人はさらに不利?!

つまり人はより身近な人や共通点があることで恋愛感情をいだきやすく、安心するということなのです。これは心理学の物理的距離で半径70メートル以内の人が恋愛対象になりやすいという結果にも当てはまります。逆に言えば、不倫もこのケースに当てはまるということですね。

つまり30代になった時に、同じ職場内や近い仕事関係で恋愛対象になる人がいない場合は、この結果からも、ただでさえ学生の時や社会人に成り立ての独身男性が多い時代に比べると結婚がやや難しい状況になっているということなのです。

それでは、続いて最近の婚活事情をレポートしたいと思います。