露出が多いことで陥ってしまう女性のデメリットとは?

男性の多くは、やはり見た目が華やかな女性と付き合ったり、連れて歩くことは1つのステータスと考えています。

例えば、その女性を追いかけている最中や付き合い始めの頃は、街中でも自分の彼女が他人から振り向かれることは非常に快感を感じて男心を満足させることでしょう。
場合よっては、露出が高いだけでも振り向かれる事があるので、必ずしもイコール「いい女」ということではないかも知れませんが、女性にとっても一つのいわゆる女性の武器であることは間違いないはずです。

その一方で、男性から勘違いされてしまう危険性もあります。女性が露出することでやはり「軽い女性」に見られてしまうというデメリットです。
軽く見える女性とは、すなわち男性にだらしない、もしくは簡単にセックスが出来るのではないかと勝手な幻想を男に抱かせてしまい、チャラそうな男からしつこく誘われたり、下手するとセクハラまがいなこともされることも多々あります。さらにはその手のタイプとは真逆な保守的な男性からは最初から外見上で苦手なタイプと敬遠されてしまうのです。

このケースのカップルのようにデートでクラブや海など開放的な場所へ遊びに行った時に男性がちょっと席を外している合間に戻ってきて知らぬ間にナンパされてるというのは、決して彼氏の立場で考えてみれば気持ちがいいものではありません。

女性側からしてみればそんなのは自分に非がないと思っても、やっぱり声を掛けてくる男性達にナンパして落とせるかも?と思わせるということでもあるのです。その声を掛けられている姿自体が、彼から見ればちょっと安っぽい女に感じてしまう危険性もあるのです。
実際に自分の彼女が男から軽く見られてしまうというのは悔しいですし、実際にそんなコトが原因でいつもケンカするのも正直疲れてしまいますよね。

シングル女性の場合でも合コンやパーティーでせっかく新しい男性との出会いを期待して参加しても、ギラついた男たちが群がって声を掛けてくるのでは、場合よっては意中の相手から選ばれないという悲しい結果にも繋がってしまう可能性さえあるのです。