【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
出会ってちょっといい雰囲気になっても付き合うまで行けずに失恋してしまうケースがあります。その原因の多くは、今だけの結果を考えて、ひとりで勝手に相手を思いめぐらせて焦ってしまうため。

第三者から冷静にみると、「まだそんなに恋愛感情を見せない方がいいのに」、「このタイミングで女性から告白しちゃうの!?」、「まだ肉体関係までやっちゃダメだろう…」なんてことも。今日はそんな失敗をしないための恋愛の秘訣を話していきます。

焦ってしまうワケは、自分しか見えてないから

携帯電話がいつも以上に気になって……。送信したメールが返ってこなくてやきもきしていませんか?
相手とコミュニケーションが上手に取れない状況のとき、自分に都合よく考え、現実を見ない振りをして突っ走って自滅するケースが多々あります。当人にとってはいっぱいいっぱいで、現実が見えているかいないのか、そんなことを冷静に考えてる余裕はないのかもしれません。けれど、それでは「相手を尊重する」という人間関係の基本の部分が抜けてしまっています。

ひとりで突っ走ってしまう気持ちを分析すると、
・彼が私の運命の相手ではないかと勝手に決めつける
・早くしないと相手を誰かにとられてしまうかもしれない
・早く彼女の称号を取って落ち着きたい
といった気持ちが背景にあるのではないでしょうか。

それはあなたにとってのメリットでしかなく、相手に対しては何のメリットも提示できていません。そこで付き合ってオーラを全開にしたり、自らが告白したりというのは無謀なこと。

本当に心底恋愛したい相手なら半年~1年間かけて育てる位の気持ちで向き合ってみてください。恋愛も人間関係のひとつの形。まずは、お互いに「人」として繋がりやリスペクトしあえる関係を築くことを心がけてください。その関係さえきちんと築ければ、告白する前に相手が自分のことをどう思っているのか確信を持ってから告白する段階までいけるはずです。


見返りを求めないで幸せを勝ち取る方法は次のページで