外国で救急車を呼べますか?


突然ですが、質問です。

外国にお住まいの方へ:
・緊急時に救急車を呼ぶ電話番号を知っていますか?
・その時、電話の相手に、要件を伝えられますか?
・ご自宅の住所、あるいはその時いる場所を伝えられますか?

日本にお住まいの方へ:
・外国人の妻や夫は、緊急時に救急車を呼ぶ電話番号を知っていますか?
・外国人の妻や夫は、その電話の相手に、要件を伝えられますか?
・外国人の妻や夫は、自宅の住所、あるいはその時いる場所を伝えられますか?

これらができていたら、サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督は、今、深刻な状態には陥っていなかったかもしれないのです……。

11月16日、オシム監督が脳梗塞で倒れたというニュースが、日本中を駆け巡りました。その事実だけでも驚かされたのに、倒れた直後の状況が分かってくるにつれ、驚きは怒りにも恐怖にも変わってきました。
その状況とは……

フランスから119番!?


オシムが語る
1日も早い回復が待たれるオシム監督だが……(写真は監督へのインタビュー集『オシムが語る』)
もう既にメディアの報道などで、監督が倒れた直後のいきさつをご存じの方も多いでしょう。
かいつまんで説明すると、こういうことでした。

16日未明、オシム監督は自宅で脳梗塞のために倒れました。自宅には夫人と、息子でジェフ千葉の監督アマル・オシム氏が同居しています。深夜、夫の異変に気づいた夫人は、息子にそのことを伝えましたが、アマル氏は救急車を呼ぶ電話番号を知らなかったのです。
これが第1の不運でした。

オシム監督の家族は誰も日本語が話せないそうです。アマル氏は関係者数人に電話をかけますが、深夜ということもあってか、誰とも連絡が取れませんでした。これが第2の不運です。

困り果てた家族は、元千葉のGMで現フランス2部グルノーブルのGMである祖母井(うばがい)秀隆氏に国際電話をかけます。フランスはまだ午後6時くらいだったので、幸い祖母井氏と話をすることができ、この緊急事態の説明をしました。
しかし、フランスからは日本の119番に直接通報することができないのです。これが第3の不運でした。

祖母井氏は、日本にいる何人かの知人に電話をかけ、つかまった人からやっと119番通報をしてもらうことができました。
ただ、これらの度重なるトラブルのため、夫人が異変に気づいてから病院に搬送されるまで、実に1時間以上もかかってしまったのだそうです。

脳梗塞や心筋梗塞の場合、発症してから数分が勝負と言われます。「梗塞」とは、血栓などで脳や心臓の血管が詰まってしまう状態のこと。脳梗塞が起こると、数分後には脳細胞が壊死(えし)し始めますので、処置が早ければ早いほど身体へのダメージは少なく、後遺症も軽くすることができるのです。
そんな大切な初期時間だったのに、電話番号を知らなかったということだけで、無駄に何十分も費やすことになってしまいました。

オシム監督は25日現在、いまだに意識不明で、集中治療室にいます。この度重なる不運がなかったら……と思うと、心臓に持病をかかえる監督の家族に、なぜ緊急事態のための対処法を誰も伝えていなかったのかと、悔やまれてなりません。


あなた自身と家族を守るためにできることは……