納得のお酒も勢揃い

日本酒は、新潟村上の「宮尾酒造」の「〆張鶴」、岐阜県多治見の三千盛酒造のその名を冠した「三千盛」や福井県の「黒龍酒造」の銘酒「黒龍」などなど、数多くをそろえている。 焼き鳥以外の旬の食材を生かしたメニューも豊富で、いつ訪れても飽きることのないメニュー構成。ちょいと小腹が空いたら、茶漬け、おにぎり、そばうどんとこれまた豊富で、特に「鶏のそぼろ丼」500円は秀逸、サッパリとしながら深い旨味、ウズラの黄身をほぐしていただけば、二度美味しくいただけるのだ。
画像の代替テキスト
「彦」の玄関と賑わう店内。

なにはともあれ、遠方の方もちょいと旅人気分で「彦」を訪ねてもらいたい。店主はじめ、可愛い従業員の娘さんたちも愛嬌よく屈託がない。旨い肴、旨い酒、朗らかな店内で、心地よく酔いしれよう。
<メニュー>
さび焼き、梅しそ、砂肝、はつ、玉子、ししとう、いかだ、ペコロス 各160円
レバー、正肉、だんご、皮、ぼんぼち、なんこつ、ひざなん、厚あげ、ジャガバター串、なす、ぎんなん、にんにく 各180円
手羽、アスパラ巻、トマト巻、しめじ巻、しそ巻 各200円
ほたて 300円
その他メニュー各種

<店舗情報>
店名:焼き鳥 彦
所在地:東京都板橋区大山町28-5
電話:03-35966-4880
営業時間:17時~24時
定休日:日祝
アクセス:東武東上線「大山駅」徒歩5分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。