刺激的な美味しさ

カレー屋の激戦区、神田、御茶ノ水界隈にこの「トプカ」が殴りこみをかけてきて10数年になるだろか。神田須田町老舗のそばや「松屋」で、いつもカレー丼を食い続けていたのだが、ある日「松屋」の横に突如出現したのである。
画像の代替テキスト
上「キマカリー」850円 下「ムルギカリー」850円

どうせたいしたことはないだろうと、何気なく店に入って「ムルギカリー(チキン)」を食べたとき、その旨さに驚いた。ご覧のものがそれ、850円。ラグビーボール状にかたどられたライスの横に、サラサラなスープ状のソース。鶏肉、ジャガイモなど具がロンと転がった代物で、強烈な辛さ、そして食べ終わったあとにしっかりと塩気を感じるという味わいだった。サラサラなソースにも関わらず充実した旨味、辛味のレッドペッパーはかなり効いているものの、その他のスパイスはどれも突出することなく、バランスがとてもいい。その日から週一で通い、すべてのメニューをローテーションする日々を過ごしていた。