スープを挽肉が抱え込む

ぷっくりと膨らんだ型が特徴的なのが「金春本館」。注文を受けてから包むという餃子は生姜の味わいが際立ち、あっさりとしています。さらに餡には豚肉がたっぷり。挽肉自体がスープを抱え込み、頬張れば口の中でジュワッと広がる仕上がりに。かなり大きめのため、ひと皿でも食べごたえは充分!


 
 ■金春本館

【所在地】:東京都大田区蒲田4-5-6
【電話番号】:03-3737-5841
【営業時間】:11:30~14:00
       17:00~23:00
       ※土日祝は通し営業
【定休】:無休
【地図】:Yahoo!地図情報



クリアな旨さのスープがあふれ出す

「春香園」の焼き餃子からしたたるスープは雑味の無いクリアな旨味が特徴。美味しさの秘訣は、豚肩ロースとバラ肉に生姜などを合わせ、餡をひと晩寝かせることにあります。また白菜やキャベツなどの野菜をふんだんに練り込むことで、軽やかな味わいに。また水餃子も専用の自家製皮を使用し、よりもっちりとした食感を楽しめます。


 
 ■春香園

【所在地】:東京都大田区蒲田5-22-1
【電話番号】:03-3733-7677
【営業時間】:11:00~14:00
       17:00~24:00(L.O.)
       ※土日祝のランチは15:00まで
【定休】:無休
【地図】:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。