玄米の旨さに脱帽!

薬味たっぷりお豆腐定食(1000円)をお願いしました。定食には肉料理(※取材日は若鶏の唐揚げ葱ソース1200円)や魚料理(※取材日は初鰹と新玉玉ねぎの和風カルパッチョ1300円)もありますが、ここはあえてシンプルなものをチョイス。
おかずは、滑らかな絹ごし豆腐にミョウガ、水菜、エシャロットなどなど、種類豊富な薬味を醤油で和えてたっぷりと盛りつけたもの。最後に青じそをこんもりとトッピング。薬味の個性あふれる香りが混じりあい、シャキシャキとした水菜の食感がなんとも清々しい味わいなのです。黒海苔の磯味と振りかけられたゴマ油がアクセント。これだけの薬味を揃えるおはなかなか家庭では難しいものです。さらに素朴で旨い小鉢が2品に香の物。体の中からすっきりとしたような気分になりました。
正直なところ、「メインが豆腐だとちょっとご飯がすすまない?」と思っていたのです。この玄米ご飯を食べるまで! 実は玄米ご飯はそれほど好んで食べるものではありませんでした。あのボソボソ感がちょっと苦手……。しかし、浸水時間を調節し蒸し上げることで、もっちりとしていて瑞々しい食感に仕上がっています。独特の香ばしさもたっぷり。さらに舌を喜ばせてくれるのは、振りかけられたゆかりです。カリカリ梅のみじん切りを加えてあり、梅の酸味と塩味でご飯がどんどんすすみます。たっぷりのカツオ節でダシを取り、ニラを浮かべた味噌汁と、このご飯だけでご馳走! 

ランチを入口にここの雰囲気が分かったら、こんなイベントにも参加してみては?
次のページで紹介します。