カフェファソンの写真
さまざまなランプの淡い光が美しい空間。コーヒーはジノリのカップに注がれます。

もちもちパンのサンドイッチ

軽食やスイーツは、ドリンクとのセットのみオーダー可能。欲張りな私は、サンドイッチ+スイーツ+コーヒーのフルセット「スペシャルセット」(1400円)を注文して楽しみました。

ベーコンとチーズと野菜をはさんだサンドイッチ(写真下)は、ふっくら、もちもちしたパンが自慢。ご近所のパン屋さんに特注して焼いてもらっています。
カフェファソンの写真
サンドイッチとドリンクのセットは1000円。
スイーツはすべて手作りで、コーヒーとの相性を大切にしたおいしさ。人気のレアチーズケーキ(写真下)はハチミツを練りこんだ濃厚な味わいながら決して重たくなりすぎず、コーヒーをひとくち、ケーキをひとくち、またコーヒーをひとくち…と交互に楽しむのに最適です。

低い半円の白壁でコーナーを仕切るなど、お客さまが思いおもいにプライベートな時間を過ごせるよう工夫された空間は、クラシックなアンセーニュ・ダングルをもう少し軽やかにした現代版とでも申しましょうか。上品で落ちついたインテリアが、ひとりの若い女性客にもご年配の夫婦にも親しまれています。

常連客の最高齢は、娘さんといっしょに来店する96歳(!)の素敵なおばあさま。5種類の深煎り豆を配合した、苦味とすっきりした後味が自慢の「アンブレンド」を楽しまれるそう。
カフェファソンの写真
自家製のレアチーズケーキ。
岡内さんから、常連客だったご夫婦の心に沁みるエピソードをうかがいました。こちらは初夏に発売予定の本でご紹介させていただきます。どうぞお楽しみに。

街角にこういう実力派のコーヒー店が生まれていくのは、本当に嬉しいものです。自宅のコーヒー豆が切れそうなときに、コーヒー休憩がてら立ち寄って、高品質の豆を購入して帰れるのもありがたいですよね。

▼カフェ・ファソンのメニューとショップデータはこちら