初めて来店したお客さまの中には、棚にレコードがあるのを見つけてリクエストをしたくせに、オーナーがその曲を探し出してかけても最後まで聴かずに帰ってしまう人も少なくないとか。おそらく、東京にまだ名曲喫茶の系譜を引く喫茶店がしっかりと存在していて、自分のリクエストが受け入れられたという事実だけで満足なのでしょうね。

そんな経緯があって、現在はリクエストを受けず、昼間はクラシック音楽が、夜はビル・エヴァンスなどの静かなピアノ系ジャズが流れているのだそう。
喫茶店ダンテの写真

コーヒーはサイフォンで

オリジナルの豆を使ったコーヒーは、カウンター上に並ぶサイフォンで1杯ずつ抽出されます。吹田さんが理想とするのは、個性はあってもくせのない、クリアなコーヒー。
「ご自分の好みをおっしゃっていただけば、それに合うコーヒーをお出しします。コーヒーの名前にはこだわらないのが賢明な注文方法だと思います」

喫茶店ダンテの写真