カフェの写真

気流に乗って大空を舞うトンビのように

トンビコーヒー。なんてセンスの良い名前! コーヒーカップから、豊かな香りにのって、悠然と風を切って空高く旋回するトンビの姿と、あの澄んだ声がたちのぼってくるようではありませんか。(トンビの鳴き声がフリー効果音のWebサイトで聴けます)

トンビのコーヒー缶 tonbi coffeeで焙煎されるコーヒーは、名前そのもののような味わいを楽しませてくれます。口の中に悠然とひろがり、やがて、力強い翼が風を切るように爽やかにひいていく後味。

tonbi coffeeがビーンズショップ+カフェ+スイーツのお店を構えるのは、高崎市北部。
私は高崎駅前の繁華街にある「スズラン百貨店」の屋上を満喫したあと(なんにもなくて空だけが高く、眺めの良い、たいへん正しい屋上です)、百貨店前からタクシーに乗り、2500円ほどで到着しました。車を運転しないなら、高崎駅前からバスを利用するのもいいかもしれません。

珈琲工房ホリグチから、高崎の町へ

ケーキ写真コーヒー好きなら、珈琲工房HORIGUCHI(ホリグチ)の名前を知らないひとはおそらくいないと思われますが ホリグチの世田谷店で7年間ロースト担当として働いてきた優秀なスタッフが間庭邦夫さん。HORIGUCHIのWebサイト内にある堀口氏の活動日記には、何度も彼の名前が登場しています。

間庭さんは惜しまれつつ退社した後、2006年7月、地元高崎で自分のコーヒー店をオープンさせました。それがtonbi coffeeです。

お店の右手奥には焙煎器が銀色に輝いています。この5kgの焙煎釜は長いあいだホリグチの世田谷店で使われており、間庭さんの独立開業にあたって譲られたもの。
この焙煎釜の中で、涼やかで力のあるスペシャルティコーヒーが炒られ、群馬はもとより日本各地に向けて、少しずつ羽ばたき始めています。

▼おいしいコーヒーへの真剣な取り組み