ボウルズカフェのカウンター写真

BOWLS=どんぶり

メニューには、丁寧に手作りすることを大切にしたお料理の数々が並びます。
「基本的に家庭料理の延長だけれど、せっかくカフェで召し上がっていただくのだから、見た目がきれいであることも大切。また、以前は『カフェのごはんって、おなかがいっぱいにならないよね』と思われがちな部分がありましたから、私たちのカフェはしっかり食べられるどんぶりでお出ししようと、店名もどんぶりを意味するBOWLSと名づけました」

オープン当初からの人気メニューは、4時間半かけて煮込むカレー(850)や、季節の果実とバナナ、バニラアイスをのせたスクエアケーキ(550)、そして、もそもそ系ではなくデニッシュ系のスコーン(550)。
感心するのは、クロックムッシュ(写真右)に添えられたサラダやデリの味わいのこまやかさ、彩りの美しさ。いったいこのサラダには何種類の野菜と豆が使われているのでしょう。

クロックムッシュ写真そして、丼ものにミニサイズがあるなど、おなかのすき具合にあわせて量の選択ができるサービスも嬉しいもの。ひどく空腹というわけではないけれど、ごはんもデザートも両方食べたい……という私のような欲張りな人間には、丼のミニサイズ、スイーツとコーヒーという注文ができるのがありがたいのです。

▼コーヒーは挽きたてをハンドドリップ