教えてくれた人……純子さん

【プロフィール】 純子さん:おうちcafeオーナー。舞台女優出身。
1年の半分近くは全国公演に出ているという生活の中で、各地のおいしい料理に舌鼓。
その体験が、純子さんが腕をふるう野菜たっぷりのランチや、ふるふるのデザートに活かされています。


材料(4本分)

  豚挽き肉…100g  
春巻きの皮…2枚
タマネギ(みじん切り)…大さじ2
トマトの水煮缶…大さじ4
塩、コショウ…適量
ガラムマサラ…適量 *1
カイエンペッパー…適量 *2
小麦粉…適量
ガーリックオイル 適量 *3

*1 クミン、カルダモン、ナツメグなどをミックスした香り高いスパイス。なければカレー粉で代用してください。

*2 赤唐辛子を乾燥させて粉末にしたスパイス。刺激的な辛さがお料理のアクセントに。

*3 オリーブオイルとみじん切りにしたニンニクをフライパンに入れ、弱火にかけます。
 焦がさないよう弱火にしてじっくり香りを出し、冷ましてから清潔な瓶などに入れます。
 鷹の爪を加え、密閉して保存します。市販のガーリックオイルでももちろん可。

ワンポイント

ビールのお共にぴったりのピリ辛の春巻きです。
油で揚げず、オーブントースターでカリッと焼いて作るので、手軽でヘルシー。
片手でつまめる美味しさは、ホームパーティーにも喜ばれます。

作り方








1

テフロン加工のフライパンを火にかけ、みじん切りにしたタマネギを弱火で炒める。

純子さん:「油分はできるだけ控えたいので、サラダ油などをひかずに炒めます」


2 タマネギに火が通ったら、挽き肉を加え、ほぐすように炒める。
軽く塩、コショウをふる。



3 挽き肉をじっくり炒めたら、トマトの水煮を加え、木べらの先でほぐしながら混ぜ合わせる。




4 弱火で煮込み、香りづけにガーリックオイルを加える。
出てきた余分な油はキッチンペーパーに吸わせる。
じっくり水分を飛ばしてから、冷ましておく。



5 春巻きの皮を半分に切る。
その上に4の具を細長くのせ、ガラムマサラ、カイエンペッパーをふる。

「具に油分が多いと、春巻きの皮の表面に沁みてしまうので、しつこいくらい丁寧にキッチンペーパーで油をとりのぞいてから、のせてくださいね」

6 小皿に小麦粉を入れ、少しずつ水を加えて、水溶き小麦粉を作る。
春巻きの皮の4辺に、のりをつけるようにして、指で水溶き小麦粉を塗っていく。

7 皮を三つ折りにして、両端を強く押さえてとめる。

8 オーブントースターで表面がカリッとするまで焼く。

「焼き時間の目安は5~6分。様子を見ながら、先に焦げ目がついた部分にはアルミホイルをかぶせて焼いてください。具には火が通っているので、皮がいい色になったらOKです」

9 お皿に盛りつけ、好みのハーブや香菜などを飾ってできあがり。

▼おうちcafeはこんなカフェです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。