鉄道旅行といえば…

ようやく涼しくなってまいりました。秋というと旅行には良い季節ですね。最近は高速道路が土日1,000円で走れますが、旅気分を味わうのであれば、鉄道好きの私としては鉄道旅行だと思っています。鉄道旅行といいますと、駅弁がつきものですよね。

さて、そこで紹介するのが、ジャパンフリトレーから8月に発売された『人気駅弁屋監修コーンスナック』です。JTB時刻表で『駅弁細見』を連載している、駅弁研究家の塩入志津子さん認定だそうです。


ジャパンフリトレー 人気駅弁屋監修 元祖森名物いかめし味コーンスナック
一つ目は函館本線森駅の『いかめし』です。デパートの駅弁大会でもおなじみの品ですね。

ジャパンフリトレー 人気駅弁屋監修 牛肉どまん中味コーンスナック
もう一つが山形新幹線・奥羽本線米沢駅の『牛肉どまん中』です。今年はNHK大河ドラマ『天地人』の舞台となった地ですので、米沢駅もとても賑わったことでしょう。

ジャパンフリトレー ジンギスカンホット弁当
これは人気駅弁屋監修シリーズではないのですが、函館本線旭川駅『ジンギスカンホット弁当味コーンスナック』です。セーブオンで発見したのですが、フリトレーのサイトには載っていませんでした。どうしてでしょう?

はたして駅弁の味なのか?

ジャパンフリトレー 人気駅弁屋監修シリーズの中身
中身です。いかめしはイカリング風になっています。右上のほうがジンギスカンホット弁当、左側のほうが牛肉どまん中です。

いかめしはその通りいかめしの味がするのですが、ジンギスカンホット弁当と牛肉どまん中は、どちらも味付けが強すぎて、駅弁と同じ味なのかどうかよくわかりません。

スナック菓子の味付けは一般的に強めなのですが、もう少しあっさりとした味に仕上げても良かったのではないかと思いました。


ジャパンフリトレー
↓↓過去の『鉄道グルメ』ガイド記事から↓↓
ベビースターラーメン『駅弁人気シリーズ』
江崎グリコ『弁当紀行』
思い出の食堂車
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。