粉の問題は続きます。

亀田製菓 ハッピーターン
前々回の記事で『ハッピーターンの粉を調合する試み』を書きました。

私としてはシリーズ記事にするため、あえて簡便な方法を紹介して読者の反響を見るつもりだったのですが、ネット上では『手抜き』という非難の声が高かったようです。

でも、それだけハッピーパウダーに対する需要が大きいということなのでしょう。(あくまでもプラス思考で!)

亀田製菓 ハッピーパウダー200%特盛り仕上げ!
ところで、先週、近所のセブンイレブンでこんなハッピーターンを見つけました。『ハッピーパウダー200%特盛り仕上げ!』です。

商品名からすると、ハッピーパウダーが当社比2倍のようです。

もっと!もっと!

従来品と比較してみました。右の特盛りの方がハッピーパウダーが多めというのはおわかりでしょうか。食べてみても、特盛りのほうが粉っぽさを感じます。
亀田製菓 ハッピーターンの比較
左:従来品、右:特盛り
しかし、ハッピーパウダー好きの皆様は、せんべいにハッピーパウダーがまぶしてあるのではなく、ハッピーパウダーの中にせんべいがうずもれているハッピーターン(せんべい入りハッピーパウダーか?)を望んでいるのではないかと思います。

ハッピーパウダーのかさ増しはこちらを参考にいただくとして、まずはハッピーパウダー2倍の粉っぽさを体感してみてください。


亀田製菓
カメつうBLOG『Bigハッピーターンプロジェクト』(亀田製菓)

↓粉が多めのガイド記事から↓
ハッピーターンの粉を調合する試み
亀田製菓『シャカシャカハッピー』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。