日本はガテンな人たちが造っている

日本の産業は重厚長大から軽薄短小にシフトしているとは言いますが、建設・土木・製造などのいわゆる『ガテン系』な仕事は無くなりませんし、これからも重要な仕事なことは確かです。

日清食品 ガテン系まぜそば
パッケージ写真
そんなガテン系ワーカーの皆様のために発売されたのが、日清食品の『ガテン系まぜそば』です。東京・大崎のまぜそば専門店『ジャンクガレッジ』店主・高山竜氏の監修による製品です。

セーブオン ガテンコーヒー
ガテンコーヒー
『ガテン』とは皆様ご存じ、リクルートの就職情報誌ですが、その中の一コーナーで、読者からアイデアを募り商品化するコーナー『日本ガテン化計画』で提案されたものとのことです。コンビニでアンダーウエアを見たことがありますし、ここに掲載したセーブオン限定の缶コーヒー『ガテンコーヒー』もガテンとのコラボで作られたものです。

日清食品 ガテン系まぜそばの内容物
内容物
内容物です。興味としては、ふりかけが2種類ついていることでしょうか。

炭水化物を摂取するのに最適

日清食品 ガテン系まぜそばのできあがり
できあがり
できあがりです。麺の上にかかっているのはふりかけその1の魚粉です。ソースはほとんど見えませんが、濃厚で粘り気のある醤油豚骨ソースです。ソースの量からすると、味が足りないのではないかと思いましたが、そのようなことはありません。唐辛子マヨネーズの辛さは食べている途中では感じません。食べ終わって、お茶を飲んだあとから辛さがジワジワと出てきました。また、ふりかけその2のフライドガーリックはパリパリしていて食感を楽しめます。

このカップ麺、内容量は170g(麺130g)、カロリーは772kcalです。もちもちとした麺とこのボリュームのため、食べきれないのではと思いましたが、味付けや食感のせいか、あっという間に食べきることができました。ここから考えても、このカップ麺は、大量のカロリーを摂取するために作られたと考えていいのではないかと思います。


『ガテン系まぜそば』商品紹介(日清食品)
『ガテン系まぜそば』ニュースリリース(日清食品)


こんな大盛焼きそばも食べてみました。


超大盛・ペヤングソースやきそば
マルちゃん『やきそば弁当』
第3の超大盛カップ焼そば・日清『デカ王』

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。